「こんなに卓球を練習しているのに、全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達できるか分らない。」と悩んでいませんか?オリンピックに2度出場!監督兼選手として、日本卓球リーグ大会優勝3回など、数々の大会で実績を残し、日本卓球界で「常勝」軍団を作っている遊澤亮がとっておきの秘伝をお教えします。

卓球とは?(ラケット) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

卓球に使用するラケットは、主に木材から作られた板とゴム製のラバーとから構成される。ラケット、ラバー共に様々な種類、特徴を持った製品が存在している。板の部分のみをラケットまたはブレードと呼ぶことも多い。日本国内の公式試合に使用するラケットは、見える場所にメーカー名、日本卓球協会の公認の表示 (JTTAA) が義務付けられている。

ラケットの特性は、反発力と剛性に大別される。反発力は球を打ったときのスピードを、剛性は打ったときの感覚を、それぞれ表している。一般的に剛性が高い=硬いラケットは反発力が高く、弾離れが速くなり、スピードのある打球を可能にする[5]。逆に、柔らかいラケットは、打球の衝撃を吸収しやすく反発力が抑えられるため、コントロールがしやすい。また、ブレード厚が厚いと球離れが速くなり、ブレードが薄いと弾みにくくなるが、回転がかけやすくなる。

ラケット、ラバー共に様々な種類、特徴を持った製品が存在し、選手はそれらの中から自分に合う用具を選択することができる。ラケットには、レジャー向けに低価格で販売されているラバー付きラケット、競技レベルで用いられる市販製品ラケット、自分の好みでカスタマイズできる特注ラケットがある。

ラケットの種類

卓球が他のラケット球技と異なるのは、握り方の異なるシェークハンド・ペンホルダーと大きく分けて2種類のタイプが存在することである。

単板と合板

ラケットは主に木材を原料としており、一枚の板からなると単板と、複数枚の板を貼り合わせて作られる合板とに区別できる。単板ラケットはおもに一枚の檜板から作られるのに対し、合板ラケットでは異なる特性の板材を組み合わせることによって作られる。

特殊素材

ラケットは素材の85%以上は天然木と決められていて、15%以内なら木以外の材料を使用することが認められており、炭素繊維、アリレート(ベクトランファイバー)、ケブラー、ガラス繊維、チタン、ザイロンなどの特殊素材を使用したラケットも使われている。

ラバー

卓球のラバーとは、ゴム製のシートとスポンジを貼り合わせたもの(但し一枚ラバーはシートのみ)。この部分でボールを打球する。シートの片面は平らで、もう一方の面には粒、あるいはイボと呼ばれる円柱状の突起が密に並んでいる。

ラバーの種類

ラバーの種類には大きく分けて「裏ソフトラバー」「表ソフトラバー」「粒高ラバー」「一枚ラバー」「アンチラバー」がある。

サイドテープ

ラケットが卓球台にあたったときにラケットが破損しないためにつける。

接着剤

ラバーとラケットを接着するために使用する。現在使用が認められているのは、水溶性接着剤、接着シート、固形接着剤である。

「遊澤亮が教えるの驚異の卓球練習方法」の詳細はこちらをクリック

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。卓球に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

卓球とは?

当サイトに関して

参加中ランキング

↓応援クリックお願いしますorz