「こんなに卓球を練習しているのに、全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達できるか分らない。」と悩んでいませんか?オリンピックに2度出場!監督兼選手として、日本卓球リーグ大会優勝3回など、数々の大会で実績を残し、日本卓球界で「常勝」軍団を作っている遊澤亮がとっておきの秘伝をお教えします。

卓球とは?(ラバー) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

卓球のラバーとは、ゴム製のシートとスポンジを貼り合わせたもの(但し一枚ラバーはシートのみ)。この部分でボールを打球する。シートの片面は平らで、もう一方の面には粒、あるいはイボと呼ばれる円柱状の突起が密に並んでいる。日本国内外の公式試合に使用するラバーは、見える場所にメーカー名、国際卓球連盟の公認(ITTFA)、日本卓球協会の公認の表示(JTTAA)が義務付けられている。2006年4月以降の国内での大会より、国際卓球連盟の公認ラバーであれば、JTTAAがないラバーでも使用が認められるようになった。2008年以降発売されている国際卓球連盟の公認ラバーは、ITTFAマーク、メーカー番号及び登録番号が縁で囲まれた形で表示されるようになった。

ラバーの色は明るい赤と黒のみが認められている。ラバーを貼った面の反対側の面には異なる色のラバーを貼るか、異なる色に着色しなければならない。これは、異なる性質の同色ラバーをそれぞれの面に貼った場合に、相手選手が見分けられなくなるためである。厚さについては、ラバーシートの厚さは2mmまで、ラバーシートとスポンジの合計の厚さは4mmまで、と定められている。また、粒の形状に関しては規定が詳細に定められている。

ラバーの特性は、シートとスポンジの特性の組み合わせによって決まる。従って、同じシートに異なる特性のスポンジを組み合わせた製品ラインナップや、同じスポンジに異なるシートを組み合わせたラインナップが用意されることがある。一般に、硬いシート・スポンジは相手の下回転をカット打ちしやすく、強い打球を可能にするが、コントロールが難しくなり、柔らかいシート・スポンジは、コントロールがしやすく、回転の影響を食い込みで相殺しやすいが、強打時のエネルギーロスが激しく、弾み以上に球が上に浮いてしまいやすい。また、スポンジは厚ければ厚いほど、球が食い込みやすく、食い込んだ時の反射角が狭まりやすいので方向のコントロールが良くなり、反発したときの弾性が高くなるが、弾みの制御が難しくなる。薄いスポンジは、方向のコントロールが悪くなるが、スマッシュや回転を掛けるのがやりやすくなる。これにラケットの特性も影響するため、自分に合う組み合わせを見つけるためには試行錯誤が必要となる。

ラバーは耐久性があまり高くない。放っておいても乾燥や酸化でゴムが劣化するうえ、球を食い込ませたり回転を掛けるために擦ったりするので、ラバーの摩擦力や弾力が落ちてくる。寿命による交換の目安は、一般の選手で1ヶ月、練習量が少ない選手でも2〜3ヶ月である[7]。また、打球するうちにラバーに埃などのゴミが付着し、摩擦力が落ちてくる。これをふき取るための専用のラバークリーナーがある。

スピードグルー禁止や補助剤を用いた後加工が禁止になったことで、ラバーの選択にも変化が起きた。特に競技段階になると、従来から使用されてきた高弾性・高摩擦性ラバーではなく、テンション系ラバーの使用が激増している。現在は、粘着テンション系ラバーやテンション系表ソフトラバーも含めたテンション系ラバーを主流とし、異質攻撃が可能な粒高系ラバーなども使用されている。また、中国のメーカーからは製造段階でラバーのスポンジ面に補助剤グルーを塗布するという「已打底」というラバーが発売されており、ノングルーラバーを「未打底」として区別している。「未打底」については後述の公認接着剤の規定違反に触れず、「已打底」についても国際卓球連盟に認可されたラバーは日本国内の大会で使用が可能である。

「遊澤亮が教えるの驚異の卓球練習方法」の詳細はこちらをクリック

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。卓球に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

卓球とは?

当サイトに関して

参加中ランキング

↓応援クリックお願いしますorz