「こんなに卓球を練習しているのに、全然上手くならない。」「自分が今、どうやったら上達できるか分らない。」と悩んでいませんか?オリンピックに2度出場!監督兼選手として、日本卓球リーグ大会優勝3回など、数々の大会で実績を残し、日本卓球界で「常勝」軍団を作っている遊澤亮がとっておきの秘伝をお教えします。

卓球とは?(歴史) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

現在の卓球はもともと19世紀後半にイギリスで生まれ、その後発展してきた。もともとテニス選手が、雨でテニスが出来ず退屈だったので室内のテーブルの上でテニスの真似事をしたのが始まりといわれている。初めの頃は長い柄のついたバドミントンのようなラケットとコルクの球を使用し、ラケットには革や紙やすりなどを張っていた。

その後、ラケットは短くなり、1900年代頃に欧州でゴム製の1枚ラバーが開発され主流となったが[2]、攻撃してもそれほど強い打球が打てなかったことやネットが高かったこともあり[3]、守りに徹した方が有利であった期間が長く続き、1936年に行われた第10回世界卓球選手権では1点取るのに2時間以上もかかった試合の記録が残っている[3]。 1937年、日本初の国際試合が行われ、ハンガリーの元世界チャンピオンと対戦し、その際日本選手は初めて1枚ラバーに接した[2]。当時、日本選手のラケットには何も貼っていない状態(別称:木ベラ)でありながらも、大健闘の成績を収めた[2]。その頃、男子アメリカチームによって、当時規定外であった指を使い、様々な回転を生み出すサービス「フィンガースピンサービス」が開発され、1937年に行われた第11回世界卓球選手権にて、初めて強い回転をかけたプレーが持ち込まれた[3]。これを駆使したアメリカチームは好成績を収めたが、その反面強い回転に慣れていない対戦相手はレシーブミスを連発し、ラリーが続かない展開となってしまった[3]。ラリーが長すぎる、一方では短すぎる、と両極端な展開で観客が退屈と感じる試合が続出したことから国際卓球連盟はルールの改正を行い、ネットの高さを引き下げ、試合時間の制限、指を使いボールに様々な回転を与えるサービス(フィンガースピンサービス)の禁止を決定[3]。その影響にて再び守備型が有利な状況となり、1940年代から1950年代初頭までは欧州の選手によるカット主戦型が全盛であった[2][3][4]。

この状況が変化する転機は、第二次世界大戦後、1950年代に日本にて新しい用具を続々と開発し、実戦に使用され結果を出したことである[2][3][4]。先ずは従来の1枚ラバーを裏返しにして貼る「裏ラバー」が使われるようになった。これは1枚ラバーと比較してボールとの接触面積が広いため摩擦が大きいことで強い回転をかけやすくなり、それを大きく活かした攻撃を行うことが可能となった。さらに、太平洋戦争時に航空機燃料タンク防弾用など、軍事用に用いられていた独立気泡スポンジが卓球の用具として使われるようになる。これは反発力が強く、従来のラバーと比べて打力が飛躍的に向上した[2][3][4]。それをラケットの打球面に貼り付けた「スポンジラバー」[4]、裏ラバーとスポンジを貼りあわせた「裏ソフトラバー」や、一枚ラバーとスポンジを貼りあわせた「表ソフトラバー」が開発された。その特徴を大きく活かしたスマッシュ攻撃を武器に、1952年の第19回世界卓球選手権で日本は大会初参加ながら、女子団体・男子シングルス・男子ダブルス・女子ダブルスの4種目で優勝と黄金時代の口火を切り、1950年代の世界選手権において日本選手が各種目にて優勝者を多数輩出した[2][3][4]。

しかし1959年に国際卓球連盟は用具の制限に乗り出した。スポンジのみの使用は禁止され、スポンジラバーは消滅した。その他のラバーについても厚みが4mmまでに制限された。

2000年から、ボールの直径は38mmから40mmになった。これによってボールの空気抵抗が増し、従来よりもラリーが続くようになった。しかしその一方で回転がかけにくくなり、またラバーが回転の影響を受けにくくなったために、カット型や前陣速攻型のような戦型はより戦うのが難しくなっている。2001年には、従来の21点制から11点制に変更され、サービスも5本ずつの交代から2本ずつの交代に変更された。また、2002年にはサービス時にボールを隠す行為(ハンドハイド、ボディーハイド)が完全に禁止された。

2008年9月から有機溶剤性接着剤の使用が禁止され、その1ヶ月後に補助剤を用いた後加工が禁止されたことで、従来から使われてきた高弾性・高摩擦性ラバーの使用者は減少し、粘着テンションラバーも含めたテンション系ラバーが主流となった。

「遊澤亮が教えるの驚異の卓球練習方法」の詳細はこちらをクリック

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。卓球に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

卓球とは?

当サイトに関して

参加中ランキング

↓応援クリックお願いしますorz